SOUDAN (相談)について
💭

SOUDAN (相談)について

notion image

相談の申し込みはこちら

有楽町アートアーバニズム(YAU)の一環で、国際ビル地下1FにYAU COUNTERができます。
YAU COUNTERは、プロジェクト全体の案内所・受付の役割と、相談所の役割があります。
 
相談所は以下より予約することを推奨しますが、時間によってはふらりと立ち寄っても大丈夫です。また、自分が相談をするだけではなく、人の相談を聞いて一緒に考えてみたいという人も歓迎です。日によって相談テーマを決めたり、ゲスト相談員が得意な分野を集中的に話し合ったり、という回もあります。
 
 
 
徒然:
YAUは後半にさしかかっています。相談所もゲストのいる日は、いろんな立場・職業・世代の人が相談にやってきます。同時に、複数の会話が、同じ場所でなされている。こういう風景の中にいること自体がずいぶん久しぶりだったように感じます。アイデアをポンと投げてみる場所、専門知を共有する場所、人の話をなんとなく聞ける場所、相談に乗っていたがいつの間にか相談をしていた場所として、相談所は極めて地味に、雑多に、あっけらかんと胎動しています。相談って、するのもされるのも、意外と難しい。今後は、西原珉さんに、「相談を受ける側のセルフケア」を学んだり、アートトランスレーターの田村かのこさんとオープンデスクがてら話したり、「猫のやりかた」という3人組の企画があったり、子育てと制作の両立について話すワークショップがあったり(これはクローズドよりのイベント)、果てはYAU全体の振り返り&今後どうするを考える会をしたりと、変わらず淡々と、しかし強力に、やっていきます。遊びに来てください。
 
 
つぎの相談:
 
毎週月/水  13:00- 18:00  J田村かのこ、Z長谷川新、S森純平「日常編」
毎週月/水 13:00- 18:00 J田村かのこ、Z長谷川新、S森純平「日常編」
 
これまでの相談:
2/19(土)20(日)うらあやか【オープンデスク】RADIO
2/19(土)20(日)うらあやか【オープンデスク】RADIO
 
3/1(火)3/2(水)3/3(木)宮路雅行 【インストーラー白書】
3/1(火)3/2(水)3/3(木)宮路雅行 【インストーラー白書】
🥰
3/10(木)、3/11(金)西原珉
4/28 5/12プロジェクトお悩み処〈猫のやりかた〉
4/28 5/12プロジェクトお悩み処〈猫のやりかた〉
 
ABOUT

なぜ、SOUDAN(相談)なのか

アーティストはたった一人で孤独に作品を作るのでしょうか。そういう場合もあるでしょうが、それだけが唯一の「アーティストのやっていき方」ではないはずです。展覧会の始まる前から、そして終わった後も、さまざまな人との協働があります。まだ固まってないアイデアを口にしてみること、具体的な技術的相談、機材や場所や運搬手段の話、ちょっとした専門知の共有、プロジェクトへのお誘い、悩みの打ち明けーーこれらをひとまず「SOUDAN(相談)」といってみます。
「SOUDAN」という視点から考えてみると、たとえばアーティストとキュレーターの関係は、たんに「展覧会に呼ぶ/呼ばれる」といった関係にとどまらない、ということに気づかされます。あるいは、「全ての情報が確定してから専門家に依頼する」という「雇用」や「契約」や「発注」といった関係性とは少し違うダイナミズムが垣間見えてきます。
とくに、若い学生や、卒業したばかりの駆け出しのアーティストは、自分のアイデアを実現するために、あるいはもっと深くおおらかに思考を進めるために、誰かと話してみること、相談をしてみることは大切な(とても楽しい)機会になるはずです。
YAUでは、「展覧会の鑑賞」だけにとどまらない、「アートをやる」息遣いを感じる場にしたいと思っています。というわけで、相談所です。
 
💡
概要:
💡
相談したい:
💡
行きたい:
💡
相談員

これまでの相談所(SNZ/シノバズ)

notion image
 
SNZ(シノバズ)は、若手アーティストが直面するさまざまな困りごとについて考える相談員のネットワーク。制作のことや気になることを内容の大小粗密にかかわらず気軽に相談できる場所をつくるため、森純平、長谷川新、山川陸を中心に2021年より活動。以降、美術大学や展覧会を中心に、各地を訪問しながら、アドバイスをしたり、ともに考えたりしている。
 
すいどーばた美術学院
名古屋造形大学
秋田公立美術大学
The Fifth Floor
 
💡
助成: